札幌 夜勤専従看護師

結婚、出産の経験のない師長・・・。子供が入院しても休ませてくれません・・・。

子育てと仕事を両立させる為には、職場環境がとても大切ですよね。
育児に理解がある職場だったら、融通を利かせてもらう事ができるので、子育てと仕事を両立させる事は、
決して難しくはないと思います。
私が働いている職場は、ママさんナースが沢山働いているので、話も合うんですけど、師長が独身なので、
ママさんナースの気持ちを分かってくれないんですよね。
独身の人でも、子育てに理解がある方は沢山いますよね。
特に上司だったら、女性としてその辺の事を理解して貰いたいと思うんですけど、残念ながら無理ですね。

 

子供ができると、自分の都合通りに生活が回らないので大変です。
子供が成長するにしたがって、生活も変わって、子育ての大変さも様変わりしますよね。
赤ちゃんの時は夜泣きに悩まされて、寝不足の毎日になるし、保育園に通うようになると、イヤイヤ期が始まったりして、
一日中ダダをこねる事もあります。
育児や家事に時間がかかって、毎日クタクタになりますよね。

 

それに、保育園くらいの子供って、すぐに熱をだしますよね。
週末に遊んでいたりすると、月曜に熱を出す事が多いんですけど、そんな時には、師長に嫌味を言われますよね。
子供が肺炎になって入院した時にも、休みをくれなかったんですよ。
酷い師長だと思いませんか?

 

こんな師長なので、せっかく転職してきても、すぐに辞めてしまうママさんナースも少なくないんです。
私達同僚が育児に理解があっても、上司がこんな感じだったら、働きにくいですよね。
育児に理解のある師長に代わってくれないかな〜、といつも思っているんですよ。
でも、そんなに簡単には状況は変わりません。
このままでは、仕事を続けていく自信がなくなってしまいますよね。

子供が小さいうちは週に2〜3回の派遣が良いな〜。子供の手が離れたら常勤に復帰でも良いかな?

看護師の働き方で、給料面でも福利厚生の面でも、一番お得なのは常勤ですよね。
常勤で働いていれば、身分も安定しているし、ボーナスや退職金、それに福利厚生が充実しています。
でも、独身だったら何の問題もありませんけど、子育てをしているとなると、相当な家族の協力がない限り、
常勤で働くのはまず難しいですよね。
両親や義両親と同居していて、子供の面倒を見てもらう事ができる、という環境だったらとても恵まれていますよね。
でも、私の場合、両親も義両親も近くに住んでいないので、協力を得る事は全く考えていませんね。
だから、出産した時に仕事を辞めて、家事と育児に専念していたんです。

 

でも、看護師の仕事はずっと続けたいと思っているので、ブランクってすごく不安なんですよね。
子供がやっと3歳になったので、保育園に預けて仕事に復帰しようと思っているんです。
でも、保育園に預けて働くとなると、お迎えの時間に間に合わせなくてはいけないですよね。
独身時代、一緒に働いていたママさんナースが、いつも保育園のお迎えの時間を気にしていたんですが、
その時には他人事のように、ただ大変だな〜としか思っていなかったんです。
でも、今自分がその立場になったんですよね。

 

いろいろ考えた結果、子供が小さいうちは、週に2〜3回の派遣で働こうかなと思ってるんです。
派遣だったら、自分の条件に合わせて働く事ができますよね。
それに、バイトやパートに比べて時給も高いです。
子供に手が掛からなくなるまでは、派遣で働いて、子供の成長を見ながら常勤に復帰しようかなと思ってるんです。
派遣で働いていれば、看護師の勘を取り戻す事ができるし、私にはこれが一番いい方法だと思いますね。詳しくはコチラ

 

老健や老人ホームって急変が多いって本当?元気な患者さんが多いイメージなんだけど・・・。

老健は、利用者の方が在宅復帰できるように、リハビリなどを行いながら、生活をしている場です。
ドクターや看護師、介護士以外に、理学療法士や作業療法士など、いろいろな職種の方が働いています。
老健にはドクターが常勤しているので、利用者の方の状態を観察しながら、内服管理やリハビリを行って、
健康を維持できるようにサポートをしています。

 

老健というのは、体調が安定している方を対象としている施設です。
でも、皆さん高齢者なので、ほとんどの方が何かしらの基礎疾患を持っています。
急変が起きるリスクは高いので、いつ何が起こってもおかしくない状態です。
利用者の方には、脳梗塞後遺症の方が多いんですが、再梗塞を起こしてしまうリスクがとても高いんです。
高齢者の方は、免疫力が低下していますから、ちょっとした事でも、命取りになるというケースがあります。
脱水や肺炎を起こしやすく、症状を訴える事ができなかったり、自覚症状が認識出来なかったりするので、
看護師である私達が、利用者の方の状態を常に観察して、予兆を見逃さないようにしなければいけません。

 

皆さん体調が安定している方ばかりなので、普段はとても元気なんです。
でも、ちょっとした異変から、大きな急変に繋がってしまう場合もあります。
突然の心停止もありますから、体調が安定しているからといって油断はできません。
老健や老人ホームでは、常に利用者の方を観察する事がとても大切です。
異変に早期に気付いて、迅速かつ的確な対処をする事が求められます。
その為には、看護師としての知識や経験が必要です。
介護施設では、病院に比べると急変やステルペンは少ないんですが、病院とはまた違った大変さがあると思います。